注文住宅のデメリットはある?

フルオーダー住宅を造るとなるとかなりの専門知識が必要

注文住宅というものは、フルオーダータイプとセミオーダータイプに大分されます。そのうち、セミオーダー住宅に関してはそんなに詳しい知識を必要とせず、あらかじめ用意された設備の色などを選ぶだけのため深い知識を必要としません。オリジナリティーは低めではあるものの意外と簡単に造れる事が可能です。一方、フルオーダー住宅造りに挑戦するとなると状況はまったく変わってきます。工法・建材の種類から細かい間取り・使用する各種設備などを一つずつ自分の責任で決めていかないといけません。 もし完成した建物に満足できない点があっても人のせいにはできません。設計ミス、設計書とは違うところ以外は、基本的に自分で責任を被る必要があります。

総工費が高くなるほか毎月のローン返済額が高くなりがち

分譲住宅を購入する場合、敷地内に造られる建物にすべて同じ建材・設備が使われるとなると、スケールメリットにより単価を抑えられたりします。しかし、注文住宅を造るとなると建材や各種設備を単品購入する形になるため、スケールメリットを得ることができません。各建材・設備を購入するにあたってかかってくるお金が高くつきます。そんな中、自分が欲しい設備を一つずつ組み合わせて購入していくと、分譲地の建売住宅を購入する場合と比べて、総工費がかなり高くつく傾向です。資産(彫金)が1億円以上する富裕層であれば一括購入する事は出来るものの、資産が少なくてローンを組むのであれば毎月の返済額が高額になります。毎月の返済額が高いと毎月の生活費の節約をしていかなければいけないこともあります。