建売住宅を購入する際に気をつける点

業者選びは慎重に行いましょう

建売住宅を購入する際には、なんといっても信用ある業者を選ぶことが第一です。万一、買った住宅にクレームがついたとき、買入先が一流の業者なら、損害の賠償に応じてくれる可能性があります。しかし、口先だけがうまい業者に限ってあとの責任を取らない場合が多いのです。それどころか、クレームをつけようとしたら、業者がすでにつぶれていて、苦情の持ってゆき場所もないという実例もあります。業者選びは慎重に行いましょう。

また建売住宅は、すぐに住めるのが魅力ですが、業者の宣伝に飛びつく前に、次の点を念頭に入れてください。まずは、敷地も合わせて買い取る場合は、敷地の地目や分筆、名義人を調べておきます。借地の場合は、必ず地主に会って、借地条件を確かめましょう。さらに、建物が違反建築でないかどうか、役所の建築課と土木課に問い合わせることも大切です。

契約書を作成する上でのポイント

ただ物を購入するなら、いちいち契約書を作るまでの必要がないことが多いですが、建売住宅を購入するとなると、契約書なしでは済まされません。契約書の内容は場合によってまちまちですが、一般的な注意すべきポイントを紹介します。まずは、物件の表示です。登記簿に基づいて、住所や床面積など明確に表示します。また、危険負担についても押さえておかなければなりません。これは、契約から完了までの間に、火災や地震で購入する予定の住宅が滅失したり、壊れたりしたときの損失をどちらが負担するかを決めておくということです。 もしこの記載がなければ、買い主が負担することになるので、買い主としては、契約と同時に火災保険をかけておかないと、心配で夜も眠れなくなってしまいます。