建売住宅を購入するメリットとは!?

建売住宅の特徴について

家探しを始めたときに、最初に考えるのが建売住宅か、注文住宅かということです。建売住宅は、土地とセットで販売されている新築分譲住宅になります。
建売住宅は住宅が完成した後に販売されるものと、建設中に販売するものの2種類から選べます。どちらにしても設計は決まっていて、初めから間取りや設備の仕様などが分かるようになっています。一般的に建売住宅は広い土地に複数の区画を作って同様の仕様で住宅を建てるケースが多く、様々な規模の分譲地で販売されています。
注文住宅は工務店などに依頼して住宅を一から作るものですが、それに比べて建売住宅は自由度が低くなっています。しかし、自由度が低い代わりに様々なメリットがあります。

建売住宅のメリットとは?

建売住宅の最大のメリットは、注文住宅に比べて同じ規模でも安く購入できるということが挙げられます。仕様が初めから決まっているため、デザイン料がかからないことに加えて、住宅を建設するときに資材をまとめて購入したり、工事を効率的に進めることができるため価格が安くなっています。また、土地の節約も行われていることも多いことから総合的に、注文住宅よりも安く手に入れられます。
最初から間取りが分かっているため実際に入居後の生活のイメージをしやすく、引越しまでの期間が短いのもメリットです。
注文住宅も建売住宅もそれぞれ、メリットとデメリットがあります。住宅を購入する場合には、両方を比較してから選ぶことが大切です。