注文住宅と建売住宅とでは満足度はどちらが高いか?

注文住宅は好きな建物を作れる

注文住宅は大手ハウスメーカーや工務店が行っているサービスです。顧客から注文を受けて建物を作ってくれます。建物はメーカーなどが用意しているカタログから自由に選択することができます。商品を選ぶ時あるオプションなどを設定する事ができるのがメリットです。例えばある設備を導入したいときや特定の場所の色を変更したいときには柔軟に対応してくれます。自分の好きな住宅を建築してくれるので満足度の高い物件を購入できるのが強みです。また販売している建物も多く予算に応じて選べます。好きな土地に建物を建築できるのでアクセスの良い場所に物件を建築したいという細かい要望にも応えてくれます。顧客よりのサービスを行っているのが注文住宅のメリットです。

建売物件は安価なのがメリット

注文住宅はメーカーや工務店が設定した金額で購入できます。基本的に土地代などもかかるので総合的に見ると予想した金額よりも高くなる可能性もあります。建売住宅はすでに建築された状態で販売されています。そのため土地と住宅の金額がすでに決まっているのが強みです。売り主が提示した金額で購入できるので、それ以上の金額なるリスクはありません。上記のような理由があって銀行融資を受けやすいです。また一から建築する注文住宅よりもかなり安い金額で購入できるのもメリットです。建売住宅は区画を購入して同じ仕様の物件を一気に建築します。資材も一度に購入するので購入費用も抑えられます。そのため注文住宅よりも安く購入できます。