注文住宅と建売住宅、それぞれ向いている人の特長

費用はかかるが、じっくりとこだわりたいなら注文住宅

注文住宅では工務店やハウスメーカーに設計や工事を依頼します。建築基準法さえ守ることができれば、割と自由にキッチンやトイレの設備などを決めることが可能です。ただし、ハウスメーカーを利用する場合は、あらかじめある程度の規格が決まっている場合もあるため、自由度はどれくらいあるのかを確認する必要があります。

注文住宅では「リビングに暖炉を設置したい」という希望や、「お気に入りのオブジェを飾るスペースを設けたい」といった細かいリクエストにも対応できるのが魅力です。仮にお気に入りのオブジェを飾るスペースを作るのであれば、オブジェの採寸から住宅の設計は始まります。時間がかかっても、こだわった家づくりをしたいのであれば注文住宅が向いています。しかし、こだわればこだわるほど、比例して、費用は高くなる点はデメリットです。

こだわりはあきらめて、すぐに入居したいなら建売住宅

建売住宅は、土地とセットにして住宅が売られています。住宅購入を検討するタイミングには、親の介護で急に親の近くに引っ越さなくてはならなくなった時や、急な転勤が決まり子どもを転校させたくないため学区内で住宅を購入したい時などがあります。この場合はスピーディーな引き渡しが可能な建売住宅が適しています。とにかく早く住宅を手に入れたい時は、建売住宅を購入すれば、手間や費用をあまりかけずに「一戸建て」の家を手に入れることができます。

ただし、ほとんどのケースで間取りやデザインはあらかじめ決まっているため、設備や内装などにこだわりたくてもあきらめざるを得ないこともあります。また外観も建売住宅の場合は、似たようなものが多いです。細部までこだわることが難しい点は、建売住宅のデメリットです。